福島市公共交通バリアフリープラン策定について

令和2年度第4回福島市地域公共交通活性化協議会(バリアフリー部門)に係る意見書ヲの提出を求められました。それに対する提出した意見を記して起きたいと考えました。 福島市バリアフリーマスタープラン素案(案)及び概要について、お気づきの点がございましたら、本票に記入し返信封筒に入れて令和3年3月5日(金)までに提出してください。 なお、ご意…
コメント:0

続きを読むread more

大震災で失った生きがい

2月13日深夜に10年前と同様の大規模な地震が発生した。休む前の突然の振動に耐えながら2階の自室入り口を開けて廊下に出て揺れの静まるのを待った。間もなくガラス戸本箱が轟音と共に倒れガラスの割れる音が大きく響いた。一階にあった茶箪笥も同様に倒れ、ガラスが散らばりお茶道具も割れて辺りに飛び散った。10年前の大震災に匹敵するような大地震であっ…
コメント:0

続きを読むread more

あん摩師等法19条裁判で仙台高裁は国の勝訴を言い渡しました

 当日はコロナの関係で傍聴者が少ないと思っていましたが、傍聴席35席を満たすだけの参加者があり良かったと思います。 本日、14時から仙台高等裁判所で、19条意見裁判の判決が行われました。 仙台高裁では完全勝利でした。裁判長からは「原告の訴えを棄却する。裁判費用は原告側で負担する。」との判決が言い渡されました。その後、裁判長が主文を25分…
コメント:0

続きを読むread more

バリアフリーマスター作成のために会議がありました

バリアフリーマスタープランに係るワークショップ の開催について1 日 時 令和2年12月 9日(水) 午前9 時 30分 から午後12 時 予定)2 会場 福島市 市民会館 第二ホール 11月に3回、街歩き点検が行われ、それを踏まえたワークショップが行われました。まち歩き点検は、第1回が土湯温泉と高湯温泉街を歩いて歩行などの危険個所や…
コメント:0

続きを読むread more

あん摩師等法19条裁判で勝訴しました

あん摩師等法19条訴訟 東京高裁で判決 平成医療学園グループの横浜医療専門学校が、あん摩師等法19条を違憲とする訴訟を国に対して起こした裁判について、令和2年12月8日、東京高裁北澤純一裁判長より判決が言い渡された。判決内容は、19条は合憲であることから(1)本件の控訴を棄却することと、(2)裁判費用は控訴人が負担することの2点となっ…
コメント:0

続きを読むread more

あはき19条違憲訴訟仙台高裁第1回口頭弁論 

 平成医療学園グループの学校法人福寿会・福島医療専門学校が、国に対し、あはき法19条によるあん摩マッサージ指圧師養成施設設置の非認定処分を取り消すことを求めた訴訟の第1回口頭弁論が、仙台高等裁判所101号法廷において、10月27日15時から行われた。 法廷傍聴には、新型コロナウイルスの感染拡大に配慮して35名の傍聴しか認められない中、東…
コメント:0

続きを読むread more

福島市長と福祉団体との懇談会がありました

10月12日(月)に福島市役所庁議会議室において、福島市長と福祉関係団体長との懇談会が行われました。本会から提出したテーマは、駅ホームの安全確保について、日ごろの問題点を示しながら、視覚障害者がホームから転落しないようにするにはどのようにすればよいかについて、おたずねをしました。大きな課題だけに名案を示していただくことが難しいと感じまし…
コメント:0

続きを読むread more

アビガン コロナに有効

コロナウイルスに効くのではないかと言われていたアビガンが、ようやく統計学的に有効であるとする研究結果が報じられました。安倍内閣が多額を投じて研究を奨励していた日本産のアビガンが有効であることが証明されて本当に良かったと思います。日本にとっても朗報であり世界に誇れる結果が導き出されて、今後の治療に明るい見通しがついたと言えるものと思います…
コメント:0

続きを読むread more

心温まる台湾人女性が語る

日本時代に帰りたい。台湾人女性が語る「美しき幸せな日々」人台湾人「最も好きな国は?」日本が59%で過去最高更新、理由は?同志が語る李登輝氏の素顔と日本愛。私たちは反日勢力と中国にどう対峙すべきか?李登輝・元台湾総統を筆頭に、日本統治時代を懐かしく、そして誇らしく思っている台湾の人々は少なくありません。そればかりか、「台湾に住む日本人」と…
コメント:0

続きを読むread more

コロナワクチンが開発まじかに期待

新型コロナウイルス感染所のワクチンが英国で使用できるようになりそうである。大変大きな朗報であり、副作用の問題を克服して私たちの生活が安定するように期待したい。 年内に治験データ提出可能 コロナワクチンで英製薬 2020年9月11日 (金)配信共同通信社  【ロンドン共同】英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者(CE…
コメント:0

続きを読むread more

福島医大ゲノム修復技術を開発

この技術は医療の道を拓き患者の幸福につながる素晴しい技術であり、福島医大が開発したことに出身県人として大いなる喜びである。 「ゲノム修復」大幅短縮!福島医大新開発 時間など3分の1に地域 2020年9月10日 (木)配信福島民友新聞  福島医大甲状腺内分泌学講座の横内裕二特任教授、鈴木真一教授らの研究グループは、ヒトの遺伝情報(ゲノ…
コメント:0

続きを読むread more

県師会で筋筋膜経線による疼痛治療を講演しました

9月6日に福島県鍼灸あん摩マッサージ指圧師会は、福島市民会館501号室において研修会を開催しました。午前中に、アナトミー筋筋膜経線による疼痛治療をテーマに講演をしました。アナトミー・トレインとは、体中に張り巡らされた筋・筋膜の網を通して、姿勢や動作の安定がどのように得られていくのかを解明する画期的な理論です。この理論は英国のマニュアル・…
コメント:0

続きを読むread more

ふくし夏祭りに行ってきました

先週8月1日(土)に福島駅東口前路上において車の交通規制をしたうえで「ふくし夏祭り」が行われました。事前に福島市障がい福祉課から連絡をいただいておりましたので、午前10時過ぎから祭り見物に行きました。福島市内にある福祉施設や授産施設などに呼びかけをして実施されたと聞いております。福島駅から13号線までの車の移動を止めて、交通規制をして道…
コメント:1

続きを読むread more

福島医大が製薬会社と連携してコロナウイルスワクチン開発に取り組む

ウイルスの働き抑制する治療薬開発始動 福島医大と製薬会社連携2020年07月11日 10時00分  福島医大と製薬会社の第一三共、富士フイルム和光純薬などが連携して新型コロナウイルスの治療薬開発を目指すプロジェクトが10日、本格始動した。抗体を体内に注射したり、鼻や喉に噴霧したりすることで、ウイルスの働きを抑える医薬品の承認が目標だ。実…
コメント:0

続きを読むread more

視覚障害者保護規定に合憲判断 仙台地裁

6月8日に仙台地裁で行われた裁判において、あん摩師等法19条の訴訟に関し判決が言い渡された。この裁判で国(厚労省)が視覚障害者の権利を守るために、規定は正しいとされ勝訴することができた。この判決後に視覚障害者団体は、大変望ましい判決であり安堵したとして喜びを共有した。 以下に新聞記事を掲載しておきたい。2020.06.08 共同通信 …
コメント:4

続きを読むread more

福島駅前東口に点図付案内板設置

先週の金曜日、赤門鍼灸柔整専門学校の授業を終わり帰宅する途中で福島駅東口広場に行ってみましたら、1番ポールバス乗り場右側に点図付の案内板が設置されていました。2週間ほど前に福島市役所交通政策課の職員からの連絡があり、具体的な設置にあたり意見を求められました。現場に出向きいろいろと意見を申し上げました。図面の色あいにコントラストをつけてほ…
コメント:1

続きを読むread more

専門学校の設置規制 合憲判断

6月8日に、あはき法19条は職業選択の自由に違反しているとして争われた裁判において仙台地裁で判決が出され、憲法違反にはあたらないとすることが言い渡されました。裁判後の記者会見にはマスコミ9社が参加してくださり、大胡田弁護士からの裁判の解説が、その後に日本視覚障害者団体連合の竹下会長、日本あん摩マッサージ指圧師会の安田会長、19条を守る東…
コメント:0

続きを読むread more

同窓会通信が郵送されてきました

今年度の同窓会通信春号がとどきました。巻頭言を書いたので記しておきたい。 巻頭言福島県立視覚支援学校同窓会 会長 武藤永治新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延し日本にも飛び火して大変な状況になっていますが、会員の皆さまその後いかがお過ごしですか。母校では4月8日に橋本新校長先生のもとに入学式が行われましたが、私は感染症を考慮して自粛…
コメント:2

続きを読むread more

自粛するのがよかったのか? 隔離した方が望ましいのか!!

九州大学の小田教授は、社会物理学を専門とする先生であるが、数日前の朝日新聞デジタルにコロナ感染症について研究した結果を示した。その内容を要約しておくことにする。  新型コロナウイルスのPCR検査を増やすことで自宅などで隔離療養する感染者を倍増できるなら、国民の接触機会は、国が求める「8割減」ではなく「5割減」でも、感染は早期に収まる…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナウイルス感染症の診断が短縮されるようです

中国武漢で発生した新型コロナウイルス感染症は、今や世界中に広がり大きな苦悩を与え続けているこのウイルスを早期に診断すること、有効な治療薬の開発、予防するためのワクチン開発が確立すれば、この病気を収束することができるため、できるだけ早期に開発されることを望むところである。 最初の課題である診断法について、短期間に可能にする方法が開発され…
コメント:0

続きを読むread more